吹き出物のいろいろ

私たちを一度は悩ますもの。ニキビ。大人になると、ニキビは吹き出物なんて名前に変わって、変わらず私たちを困惑させるのです。

出来る原因はなんだろう。巷では色々と言われています。実は吹き出物には結構な原因があります。それを部位ごとに少し紹介したいと思います。

「ニキビ」と呼ばれる頃の吹き出物は、成長期であることが鍵になります。どんどん新陳代謝が行われ、タンパク質も皮脂…脂がたくさん出るのが主な原因です。なので、あちこちに散発的に出てきます。成長を促すホルモンの作用とも言えます。対策としますと、清潔な手(これ、重要です)で洗顔を地道にするのが一番と言えるでしょう。

「口周りの吹き出物」。男性ホルモンが影響してます。成長期にも出てきますので、思春期はダブルパンチな状態です。男女問わず分泌されます。なんで男性ホルモンだと口周りなの?と思われるでしょう。男性ホルモンはヒゲを生やす作用がありまして、ヒゲが生える範囲で皮脂を活発に出そうとしてしまうからなんです。

じゃあ男性ホルモンを出さなければ解決、となりそうですが、男性ホルモンはストレスや生理周期で分泌されます。生理周期のものは致し方ないのですが、ストレス性のものは代謝を促進する効果があるホルモンと同時に出ますので注意が必要です。タンパク質をエネルギーに変換する作用がそうさせるので、暴飲暴食や深酒、不規則な食事などは結果として吹き出物の原因となってしまいがちです。胃腸が弱い方も、食べた量がストレスとなってホルモンが出やすくなりやすいようです。

「こめかみ・生え際の吹き出物」は吹き出物対策の洗顔料の落としきれなかった分が原因になっている場合が多いようです。毛穴を掃除したつもりが、逆に詰めてしまったパターンですね。成分がお肌とあっていない場合、これは激しく出てきます。シャンプーやリンスでも同じことが起こりえます。対策は単純明快、よく洗い流すにつきます。

「Tゾーンのニキビ」は、脂の摂り過ぎが原因となって繰り返すことがあります。人間の皮脂は、乾けば乾くほどに出てきます。角栓除去も、頻繁に繰り返すと皮脂が出る速度が速くなってしまいます。すると、もともと多めに分泌される部位は容量をオーバーしてしまうのです。対策としては、先ほどのこめかみ・生え際にも言えることですが「ほどほどに」が一番の対処方になります。

ニキビ・吹き出物は他にもたくさん原因はあるのですが、主に自分で対応しやすいものをピックアップして紹介しました。少しでも皆さんの綺麗なお肌のお役に立てれば嬉しく思います。

Leave a Reply