肌荒れとにきびの悩み

私は年中ひどい肌荒れに悩んでいます。

春と秋は花粉で荒れてしまい赤くかぶれてしまいます。

夏は汗でかぶれてしまったり日焼けで乾燥してしまったりします。

冬は乾燥して粉をふいたり小じわが目立ってしまいます。

肌がきれいな状態の時が全然ありません。

なので一年を通してスキンケアは徹底してやっています。

(それでも酷い時は皮膚科を受診します)

化粧も帰宅後にすぐに落とします。

洗顔をした後は化粧水、美容液、乳液クリームと必ずフルコースでつけています。

乾燥がきになるときはパックをします。

こうした肌荒れは体調に関係なく出るのですが、

体調が悪いときに必ずできるのがにきびです。

どういうときに出現するかというと、

寝不足が続いたときや風邪をひいて抗生物質を飲んだ時など、

免疫力が下がっているときに出る確率が多い気がします。

出る場所は顔がほとんどで、

おでこのときもあればほっぺのときもあれば口元の時もあり、

特に場所は決まっていません。

どちらかといえば乾燥肌なのになぜにきびができるのか不思議でしたが、きっと若い時のにきびと違うのだと思います。

若い時はにきびができてつぶしても跡が残らなかったのですが、30代以降にできたにきびはつぶすと跡が残ってしまいます。

それがわかっているのですがどうしても毎回つぶしてしまいます。

まずいつも小さな白い毛穴のつまりのようなものができ、

それが翌日には膨らんできて赤みを帯びてきます。

そうなると痛みを伴ってきます。

なのでいつもでき始めてから2日以内につぶしてしまいます。

つぶすときはいつも爪で押してつぶしてしまいます。

これは学生の時と変わらない方法です。

白かクリーム色の膿のようなものが出てきたら、

傷口(出血します)に化膿止めを塗っています。

この処置が正しいかわかりませんがいつもそうしていました。

つぶした後に再度膿んだり同じ場所ににきびができたことはありませんが、跡がなかなか消えてくれません。

最近はそれが一番の悩みです。

Leave a Reply