お肌と関わるの深い女性ホルモン

毎日の食事にも注意して、スキンケアもしっかりしているのにお肌状態が急激に悪くなる事は経験した事がありませんか。不摂生もしていないのに、ニキビができたという女性は、女性ホルモンが大きく影響しています。

女性ホルモンは、お肌と深く関わっています。ホルモンの周期が影響している事で、ニキビが出来たり肌荒れが起こったりします。女性ホルモンには【エストロゲン】【プロゲステロン】があり時期によって増減を繰り返しています。
生理後の卵胞期に多く分泌されているのがエストロゲンで、美肌ホルモンとも呼ばれます。多く分泌されればお肌がみずみずしくなります。排卵後~生理前に分泌されるのがプロゲステロンはお肌のコンディションを不安定にします。ニキビ、肌荒れ、シミやむくみなどの原因となり、女性にとっては悩ましいものです。

このように女性の生理周期に合わせてホルモンの影響を受けて、お肌の張飛に変化が起こります。そのため、スキンケアもホルモン周期を意識して取り組むとより効果的です。

エストロゲンは生理が終わると分泌が増えます。排卵までの期間にピークで排卵とともに分泌量は減ります。エストロゲンは女性の美に欠かせないホルモンで、女性らしいボディ、艶、ハリのある肌を作るのに欠かせないホルモンです。

プロゲステロンは、排卵~生理前にかけて分泌されます。妊娠、出産出来るためのサポートをするホルモンです。プロゲステロンが多く分泌される時期には、イライラしたり皮脂の分泌が増える為にニキビができやすくなります。
この時期はできるだけ洗顔は丁寧にして余分な皮脂を荒尾流しましょう。お肌も敏感な状態になっているため、初めて使用する化粧品などは避けましょう。女性にとってはあまり良い影響がないと思ってしまいますが、2つのホルモンの働きが女性の美容にも大切です。周期は個人差ががあるので、自分の周期は基礎体温を測って知り、体調やお肌の健康に役立てていきましょう。

肌荒れとにきびの悩み

私は年中ひどい肌荒れに悩んでいます。

春と秋は花粉で荒れてしまい赤くかぶれてしまいます。

夏は汗でかぶれてしまったり日焼けで乾燥してしまったりします。

冬は乾燥して粉をふいたり小じわが目立ってしまいます。

肌がきれいな状態の時が全然ありません。

なので一年を通してスキンケアは徹底してやっています。

(それでも酷い時は皮膚科を受診します)

化粧も帰宅後にすぐに落とします。

洗顔をした後は化粧水、美容液、乳液クリームと必ずフルコースでつけています。

乾燥がきになるときはパックをします。

こうした肌荒れは体調に関係なく出るのですが、

体調が悪いときに必ずできるのがにきびです。

どういうときに出現するかというと、

寝不足が続いたときや風邪をひいて抗生物質を飲んだ時など、

免疫力が下がっているときに出る確率が多い気がします。

出る場所は顔がほとんどで、

おでこのときもあればほっぺのときもあれば口元の時もあり、

特に場所は決まっていません。

どちらかといえば乾燥肌なのになぜにきびができるのか不思議でしたが、きっと若い時のにきびと違うのだと思います。

若い時はにきびができてつぶしても跡が残らなかったのですが、30代以降にできたにきびはつぶすと跡が残ってしまいます。

それがわかっているのですがどうしても毎回つぶしてしまいます。

まずいつも小さな白い毛穴のつまりのようなものができ、

それが翌日には膨らんできて赤みを帯びてきます。

そうなると痛みを伴ってきます。

なのでいつもでき始めてから2日以内につぶしてしまいます。

つぶすときはいつも爪で押してつぶしてしまいます。

これは学生の時と変わらない方法です。

白かクリーム色の膿のようなものが出てきたら、

傷口(出血します)に化膿止めを塗っています。

この処置が正しいかわかりませんがいつもそうしていました。

つぶした後に再度膿んだり同じ場所ににきびができたことはありませんが、跡がなかなか消えてくれません。

最近はそれが一番の悩みです。