お肌と関わるの深い女性ホルモン

毎日の食事にも注意して、スキンケアもしっかりしているのにお肌状態が急激に悪くなる事は経験した事がありませんか。不摂生もしていないのに、ニキビができたという女性は、女性ホルモンが大きく影響しています。

女性ホルモンは、お肌と深く関わっています。ホルモンの周期が影響している事で、ニキビが出来たり肌荒れが起こったりします。女性ホルモンには【エストロゲン】【プロゲステロン】があり時期によって増減を繰り返しています。
生理後の卵胞期に多く分泌されているのがエストロゲンで、美肌ホルモンとも呼ばれます。多く分泌されればお肌がみずみずしくなります。排卵後~生理前に分泌されるのがプロゲステロンはお肌のコンディションを不安定にします。ニキビ、肌荒れ、シミやむくみなどの原因となり、女性にとっては悩ましいものです。

このように女性の生理周期に合わせてホルモンの影響を受けて、お肌の張飛に変化が起こります。そのため、スキンケアもホルモン周期を意識して取り組むとより効果的です。

エストロゲンは生理が終わると分泌が増えます。排卵までの期間にピークで排卵とともに分泌量は減ります。エストロゲンは女性の美に欠かせないホルモンで、女性らしいボディ、艶、ハリのある肌を作るのに欠かせないホルモンです。

プロゲステロンは、排卵~生理前にかけて分泌されます。妊娠、出産出来るためのサポートをするホルモンです。プロゲステロンが多く分泌される時期には、イライラしたり皮脂の分泌が増える為にニキビができやすくなります。
この時期はできるだけ洗顔は丁寧にして余分な皮脂を荒尾流しましょう。お肌も敏感な状態になっているため、初めて使用する化粧品などは避けましょう。女性にとってはあまり良い影響がないと思ってしまいますが、2つのホルモンの働きが女性の美容にも大切です。周期は個人差ががあるので、自分の周期は基礎体温を測って知り、体調やお肌の健康に役立てていきましょう。

ニキビは精神的なものに左右されると思います

私は学生の時に思春期のニキビに悩まされました。当時ヨガの本を買ってきまして断食をして宿便を取り除いたら治ると書いてあったので、もう35年以上前のことですが断食道場に説明を聞きに行きました。

しかしにきびを治す為にだけ断食すると言うのは、育ち盛りだから辞めておいたらと、道場の奥さんが言ったので断食は辞めました。つまり健康の一貫として断食するわけで、宿便が取れたからと言ってニキビがなくなり綺麗なお肌になるかどうかはわからないと言う事なのです。

スポーツも勉強も色々しますが、断食で只ご飯をたべないだけと言うやり方はおかしいと言う事だったんです。ちゃんと食事を取って自律神経を失調させないようにして便秘にならない様にと規則正しい生活をしました。今は医学も発達して皮膚科に行ったりもするし、洗顔料を選ぶ事も出来るでしょう。

しかし昔はそんなものないですし結局何をしたかですが、身体の中からニキビを治して行く、そう思ったのです。単純でした。高校は殆ど休まず通いまして大学に合格してこれで終わり、甘いショートケーキを2個食べて、これでニキビは出るけどこれ以降でないと自分に言い聞かせてケーキを食べました。

比較的大きなニキビが2個出まして、高校生活は終わりと思いしばらくするとそのニキビも治り、後は全く出なくなりました。それで大学生活に入りアルバイトをしたりと自分で好きな事を出来る時間が増えると、全くニキビの事を考える暇はなく金銭面でゆとりが出来るとニキビよりも他に関心が行きます。

結局、親の作った料理と、バイトはファミレスで従業員が食べる食事が100円でして、それを腹いっぱい食べさせてもらってもニキビはでなくなりました。つまりニキビや吹き出物は精神的に落ち着いておればでない。と思ったのです。加えて睡眠時間が多ければ気分が良くなりそれも影響すると思います。

大学の時は遊んでいましたから。しかし彼女が出来て今の妻ですがニキビ痕を何とかしようと思うよりバイトして2人でケーキセット食べた方がよっぽど落ち着くのでそれも関係してニキビはでなくなったと思います。

自分のお肌の状態にあったスキンケア化粧品を

お肌の悩みを解消することはたいせつですが、それと同時に、お肌にトラブルがおきにくい状態をつくることも、みらいのお肌のトラブルをふせぐためにもとてもたいせつです。

それはつまり、お肌が自分自身のちからで新陳代謝をおこなえるような、健康的なお肌の状態をつくってあげるということになります。

お肌のおなやみとして、シワをあげるひとは多いです。たしかに、年齢をかさねれば、どうしてもシワは増えてきてしまいます。それに、お肌のくすみが目立ってきて、なんだか元気がない顔色にみえてしまうというおなやみもあります。

こうしたエイジングにつれて起こってきてしまうお肌のお悩みは、完全に取り払うことはできませんが、少しでもその進行を遅らせてあげることはできます。

今からスキンケア化粧品を見直すことで、未来のお顔の印象を少しでも若くすることが出来たらとてもうれしいものです。

シミやくすみをすこしでも小さくとどめられれば、お肌の印象もとても若若しくなります。

そんなお肌の状態を望むのであれば、スキンケア化粧品の成分にこだわって、しっかりと自分のお肌の声をきいて使用するスキンケア化粧品をえらぶことがたいせつです。

お肌に良い成分はいろいろとありますが、その中でも、自分に必要な成分が入っているスキンケア化粧品を選ばないと、意味がありません。

それに、いくらたくさんの美容成分が入っていても、そのぶん防腐剤や添加物などもたくさんはいってしまっていて、ほんとうにお肌の奥にまであんしんして届けられるようなスキンケア化粧品なのか疑問だという商品もあります。

たとえば、ニキビになやんでいるお肌の場合には、やみくもにたくさんの保湿材が入っていたり、アンチエイジング成分がはいっていても、ニキビの改善にはつなげられないこともあります。

ニキビのお悩みには、やはり抗炎症化成分など、ニキビに合った成分が入っているようなスキンケア化粧品をえらぶことが何より大切です。