お肌と関わるの深い女性ホルモン

毎日の食事にも注意して、スキンケアもしっかりしているのにお肌状態が急激に悪くなる事は経験した事がありませんか。不摂生もしていないのに、ニキビができたという女性は、女性ホルモンが大きく影響しています。

女性ホルモンは、お肌と深く関わっています。ホルモンの周期が影響している事で、ニキビが出来たり肌荒れが起こったりします。女性ホルモンには【エストロゲン】【プロゲステロン】があり時期によって増減を繰り返しています。
生理後の卵胞期に多く分泌されているのがエストロゲンで、美肌ホルモンとも呼ばれます。多く分泌されればお肌がみずみずしくなります。排卵後~生理前に分泌されるのがプロゲステロンはお肌のコンディションを不安定にします。ニキビ、肌荒れ、シミやむくみなどの原因となり、女性にとっては悩ましいものです。

このように女性の生理周期に合わせてホルモンの影響を受けて、お肌の張飛に変化が起こります。そのため、スキンケアもホルモン周期を意識して取り組むとより効果的です。

エストロゲンは生理が終わると分泌が増えます。排卵までの期間にピークで排卵とともに分泌量は減ります。エストロゲンは女性の美に欠かせないホルモンで、女性らしいボディ、艶、ハリのある肌を作るのに欠かせないホルモンです。

プロゲステロンは、排卵~生理前にかけて分泌されます。妊娠、出産出来るためのサポートをするホルモンです。プロゲステロンが多く分泌される時期には、イライラしたり皮脂の分泌が増える為にニキビができやすくなります。
この時期はできるだけ洗顔は丁寧にして余分な皮脂を荒尾流しましょう。お肌も敏感な状態になっているため、初めて使用する化粧品などは避けましょう。女性にとってはあまり良い影響がないと思ってしまいますが、2つのホルモンの働きが女性の美容にも大切です。周期は個人差ががあるので、自分の周期は基礎体温を測って知り、体調やお肌の健康に役立てていきましょう。

フェイスラインのニキビを改善するために

ニキビのなかでも、フェイスラインにできてしまうニキビはなおりにくいのが特徴です。フェイスラインのニキビはとてもしつこく、なかなか簡単に改善してくれません。しかも、たいていの場合には、乾燥とともにニキビができていることがおおいので、かゆみも発生しやすいです。このかゆみにまけてお肌をかいてしまうと、ニキビもますますなおりにくい状態になっていきます。 こうしたしつこいフェイスラインのニキビをなおすために、薬を使用しているというひともいるでしょう。しかし、薬をぬって一時的にニキビがよくなっても、完治せずに、またぶりかえしてしまう人がおおいのも事実です。 フェイスラインのニキビを完治させるには、根気が必要になります。しかし、ただしいスキンケアを粘り強くつづけていけば、改善できますから、あきらめる必要はありません。 まず使用しているスキンケア化粧品を見直してみることから始めましょう。もしかして、いろいろな機能が一本につまったような、オールインワンのスキンケア化粧品をつかっているひとがいるかもしれません。その場合には、オールインワンのスキンケア化粧品はやめて、洗顔、化粧水、乳液またはクリームと、それぞれのやくわりに沿って化粧品をそろえたほうがお肌には良いです。 とくにフェイスラインのニキビの場合には、乾燥もともなっているので、しっかりと水分をお肌にあたえてあげることが大切です。しかしオールインワンのスキンケア化粧品の場合には、ジェル状であることが多いので、しっかりと水分を与えることができないのです。 まず、化粧水を使って水分をたっぷりと補給してあげます。そのあとに初めてオイルの入った乳液やクリームを使用します。そうすれば、お肌の奥までしっかりうるおいを届け、さらにそれを維持させることができます。 乾燥した状態なのにオールインワンのスキンケア化粧品を使っても、お肌の奥まで水分が補給できずに、インナードライになってしまい、それがニキビの治りにくいお肌につながっていたのです。

大人の肌荒れ原因

トラブルのない美しい肌の持ち主は男女問わず憧れますよね。
肌が美しいだけで生活もきちんとしているような印象を受けますし、何より清潔な人に見えます。
肌質はある程度生まれつき決まっているため仕方の無い部分もあるのですが、トラブルを繰り返す敏感肌の持ち主やはり大変です。

トラブル肌の代表格と言えばニキビですね。
若い人はニキビが多少あっても若さの象徴とも言えますが、
大人のニキビは単なる吹き出物といった印象です。
赤く化膿していたり、跡が残っていたりと見た目の清潔さにも欠けてしまうものです。
大人ニキビの原因は、食生活、不規則な生活、ストレスなどと言われています。確かにストレスフルな生活を続けていると肌に正直に不調が現れるものです。

そんな大人の肌トラブルを改善するためには食生活をはじめ、ライフスタイルを健康的でストレスの少ないものにするのが一番です。
聞いた事がありませんか、過労や病気で入院して療養すると肌が美しくなるという事を。病院食の栄養バランスが良いという面もありますが、夜の9時に消灯という普通の大人の生活からすると有り得ない睡眠時間と休養が功を奏しているのでしょう。
とは言え入院生活を送る事もそう多くはありませんから、何とか自力で肌トラブルを解消したいものですね。

肌に良いと言われる化粧品や健康食品なども試してみる価値はあります。人によって体質がそれぞれですから合う合わないはやはり試してみなければ分からないものです。
ビタミンC、Eをはじめとするビタミン系サプリも肌に良いと言われるものが多くあります。シミなどを軽減する効果や、吹き出物を改善するなどビタミンはサプリ、食事ともに取っておいて損はないようです。

食品ではチョコレートやナッツ類を食べると肌荒れするという人も多いようです。それが好きな食べ物の場合には認めたくないものですが、どうも肌に悪影響がありそうだと思える食べ物は、1週間ほど止めてみると驚くほど肌荒れが改善する事もあります。

いずれにしても、肌の健康の基本は正しい食事と生活リズムですね。

ニキビは精神的なものに左右されると思います

私は学生の時に思春期のニキビに悩まされました。当時ヨガの本を買ってきまして断食をして宿便を取り除いたら治ると書いてあったので、もう35年以上前のことですが断食道場に説明を聞きに行きました。

しかしにきびを治す為にだけ断食すると言うのは、育ち盛りだから辞めておいたらと、道場の奥さんが言ったので断食は辞めました。つまり健康の一貫として断食するわけで、宿便が取れたからと言ってニキビがなくなり綺麗なお肌になるかどうかはわからないと言う事なのです。

スポーツも勉強も色々しますが、断食で只ご飯をたべないだけと言うやり方はおかしいと言う事だったんです。ちゃんと食事を取って自律神経を失調させないようにして便秘にならない様にと規則正しい生活をしました。今は医学も発達して皮膚科に行ったりもするし、洗顔料を選ぶ事も出来るでしょう。

しかし昔はそんなものないですし結局何をしたかですが、身体の中からニキビを治して行く、そう思ったのです。単純でした。高校は殆ど休まず通いまして大学に合格してこれで終わり、甘いショートケーキを2個食べて、これでニキビは出るけどこれ以降でないと自分に言い聞かせてケーキを食べました。

比較的大きなニキビが2個出まして、高校生活は終わりと思いしばらくするとそのニキビも治り、後は全く出なくなりました。それで大学生活に入りアルバイトをしたりと自分で好きな事を出来る時間が増えると、全くニキビの事を考える暇はなく金銭面でゆとりが出来るとニキビよりも他に関心が行きます。

結局、親の作った料理と、バイトはファミレスで従業員が食べる食事が100円でして、それを腹いっぱい食べさせてもらってもニキビはでなくなりました。つまりニキビや吹き出物は精神的に落ち着いておればでない。と思ったのです。加えて睡眠時間が多ければ気分が良くなりそれも影響すると思います。

大学の時は遊んでいましたから。しかし彼女が出来て今の妻ですがニキビ痕を何とかしようと思うよりバイトして2人でケーキセット食べた方がよっぽど落ち着くのでそれも関係してニキビはでなくなったと思います。

自分のお肌の状態にあったスキンケア化粧品を

お肌の悩みを解消することはたいせつですが、それと同時に、お肌にトラブルがおきにくい状態をつくることも、みらいのお肌のトラブルをふせぐためにもとてもたいせつです。

それはつまり、お肌が自分自身のちからで新陳代謝をおこなえるような、健康的なお肌の状態をつくってあげるということになります。

お肌のおなやみとして、シワをあげるひとは多いです。たしかに、年齢をかさねれば、どうしてもシワは増えてきてしまいます。それに、お肌のくすみが目立ってきて、なんだか元気がない顔色にみえてしまうというおなやみもあります。

こうしたエイジングにつれて起こってきてしまうお肌のお悩みは、完全に取り払うことはできませんが、少しでもその進行を遅らせてあげることはできます。

今からスキンケア化粧品を見直すことで、未来のお顔の印象を少しでも若くすることが出来たらとてもうれしいものです。

シミやくすみをすこしでも小さくとどめられれば、お肌の印象もとても若若しくなります。

そんなお肌の状態を望むのであれば、スキンケア化粧品の成分にこだわって、しっかりと自分のお肌の声をきいて使用するスキンケア化粧品をえらぶことがたいせつです。

お肌に良い成分はいろいろとありますが、その中でも、自分に必要な成分が入っているスキンケア化粧品を選ばないと、意味がありません。

それに、いくらたくさんの美容成分が入っていても、そのぶん防腐剤や添加物などもたくさんはいってしまっていて、ほんとうにお肌の奥にまであんしんして届けられるようなスキンケア化粧品なのか疑問だという商品もあります。

たとえば、ニキビになやんでいるお肌の場合には、やみくもにたくさんの保湿材が入っていたり、アンチエイジング成分がはいっていても、ニキビの改善にはつなげられないこともあります。

ニキビのお悩みには、やはり抗炎症化成分など、ニキビに合った成分が入っているようなスキンケア化粧品をえらぶことが何より大切です。 

肌荒れをなくす生活習慣

私は、学生時代からひどい肌荒れの持ち主でした。年頃になるとこの肌荒れがとても気になり、常にファンデーションを厚塗りしてごまかしていました。ファンデーションを厚塗りすることで、肌荒れの状態はどんどん悪化し、肌のコンディションは常に最悪でした。

このままだといけないと思い、私は肌荒れを改善するために生活習慣からすべてを見直しました。私が肌荒れ改善のために行ったことは4つです。

一つ目は、上質な睡眠をとることです。私の睡眠時間は平均6時間でした。この睡眠時間を一時間伸ばし7時間の睡眠をとることにしました。寝る時間帯も重要で、10時には床に就くようにしました。俗にいう美肌になるためのゴールデンタイムというのが10時から2時の間にあります。この時間帯には寝ているのがとても肌に良いのです。

それと2つめは、食生活です。脂っこいものやお菓子などを一切やめ、和食中心にしました。一回の食事は腹八分目を意識しよく噛んで食事をしました。私は好んでチョコレートを食べていましたが、チョコレートも一切やめました。すると、ニキビが出来なくなり肌荒れの進行が見るからに止まりました。

そして3つ目は、無添加の肌に優しい化粧品を使うことです。化粧水に乳液に、ファンデーションから肌につけるものは全て無添加のものに統一しました。

ファンデーションなどは少々カバー力にかけましたが、自分の肌の調子が良くなってくるとカバー力が足りなくても気にならなくなりました。

そして、私が一番念入りにやっていたことが洗顔です。

無添加の洗顔料で、ホイップクリームのようなきめの細かい泡を作り、肌に優しくのせて洗顔します。この時、直接肌に手が触れないように泡で洗顔しました。慣れないうちは洗った気がしませんでしたが、洗顔後の乾燥しらずな肌にはビックリします。

この4つのポイントを、毎日コツコツと繰り返し、二か月くらいで肌荒れから卒業することが出来ました。

それからは一度も肌荒れを起こしたことがありません。

お肌の過剰なケアは逆効果

ニキビが気になってしまうと、一刻も早くきれいな美肌になりたいと、ケアをいそぎがちですが、ニキビをしっかりとなおしてきれいなお肌になりたいのであれば、長い目で、しっかりと治していくことが大切です。そのときには、良い状態と悪い状態をくりかえしながら、お肌が徐々に健康な状態になっていきます。こうした状態をくりかえしていくと、お肌の本来持っているターンオーバーも正常化されて、ほんとうに健康的なお肌になることができます。そうすれば、その先は、そもそもニキビができにくいお肌になれますし、なにかお肌のトラブルがあったときにも、自らのターンオーバーのちからで改善していくことができるので、なおりもはやく、跡ものこりにくくなります。

ニキビがひどいと、デコボコの形状になってしまったニキビの跡になやまされてることも多いです。デコボコの形状になってしまうと、長い目でみないと改善していけませんが、それでもただしいスキンケアを続けていれば、お肌の状態は確実に改善していけます。

数年のスパンで、根気よくスキンケアを続けていきましょう。スキンケアについては、今でもしっかりやっていると思っている人もいるでしょう。しかし、それでもニキビの跡やニキビが治らないなどのおなやみはつきることがありません。つまり、そういうひとは、そのスキンケアの方法が間違っているということを考えたほうが良いでしょう。

たいていのひとは、過剰にスキンケアをしてしまっていることが多いです。

洗顔にしても、朝から夜まで、顔をあらいすぎてはいませんか。朝から洗顔フォームでしっかりと洗顔をしているというひとは、朝くらいは水洗顔にしてみると良いでしょう。そして、洗顔フォームで洗うのは夜のみにします。

じつは洗顔自体がお肌に負担を与えていることも多いのです。過剰なケアはやめて、お肌自体のはたらきをとりもどせるように、少しずつケアを少なくしてみると、お肌が本来の元気を取り戻すことができます。

ニキビの治療はどうしたらよい?

ニキビが出来てしまうと気持ちも落ち込みますが、治った跡が残るのも嫌ですね。

出来ればキレイにしっかりと治してしまいたいですね。

以前は、ニキビの治療専用のお薬はありませんでしたが、現在は、ニキビの標準治療薬としてレチノイド製剤のフェリンゲルというお薬があります。このお薬は、日本でも保険適用で処方してもらう事ができます。

そのため、ニキビをしっかりと治療する事が可能になっています。

ニキビは、基本的に正しい洗顔を行う事が最も重要です。やってしまいがちなのが、洗顔の時、洗顔料のすすぎ残しが原因でニキビができる事もあるので、しっかりと流水ですすぐようにしましょう。

ニキビ治療薬であるデュフェリンゲルはビタミンAの誘導体で、レチノイド製剤の中の一つです。

毛穴の角栓形成を抑える効果があり、使用を継続して1か月程度で、ニキビが減少してきます。

ただし、ビタミンA製剤であるために、妊婦さんは使用できません。

炎症を起こしているニキビ菌を減らす効果もあります。

ニキビは基本的に傷を治す事と同じことで、完治するためには時間もかかります。

特に悪化したり、炎症を起こした場合には治療が終わっても傷跡のようにニキビ跡が残る場合があります。

傷跡が完全に消えてなくなるまでに、最大1年かかる事がありますから、ニキビも長い場合は半年~1年かかる場合もあります。

ただし、治療薬を使用することで、治療にかかる時間は多少短縮できるので早めに治したい方は、皮膚科を受診して外用薬を処方してもらいましょう。

また、ニキビを治すには、治療薬だけではなく食事や睡眠など生活のリズムを整える事も重要です。

ニキビに有効な栄養素では、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE,ミネラル、マグネシウム、コラーゲン、食物繊維・・とこれだけの栄養素が必要ですから、食事もバランスを意識しないと摂れそうもありませんね。

不足しがちな場合には、サプリメントで補うなど工夫をしてみましょう。

吹き出物のいろいろ

私たちを一度は悩ますもの。ニキビ。大人になると、ニキビは吹き出物なんて名前に変わって、変わらず私たちを困惑させるのです。

出来る原因はなんだろう。巷では色々と言われています。実は吹き出物には結構な原因があります。それを部位ごとに少し紹介したいと思います。

「ニキビ」と呼ばれる頃の吹き出物は、成長期であることが鍵になります。どんどん新陳代謝が行われ、タンパク質も皮脂…脂がたくさん出るのが主な原因です。なので、あちこちに散発的に出てきます。成長を促すホルモンの作用とも言えます。対策としますと、清潔な手(これ、重要です)で洗顔を地道にするのが一番と言えるでしょう。

「口周りの吹き出物」。男性ホルモンが影響してます。成長期にも出てきますので、思春期はダブルパンチな状態です。男女問わず分泌されます。なんで男性ホルモンだと口周りなの?と思われるでしょう。男性ホルモンはヒゲを生やす作用がありまして、ヒゲが生える範囲で皮脂を活発に出そうとしてしまうからなんです。

じゃあ男性ホルモンを出さなければ解決、となりそうですが、男性ホルモンはストレスや生理周期で分泌されます。生理周期のものは致し方ないのですが、ストレス性のものは代謝を促進する効果があるホルモンと同時に出ますので注意が必要です。タンパク質をエネルギーに変換する作用がそうさせるので、暴飲暴食や深酒、不規則な食事などは結果として吹き出物の原因となってしまいがちです。胃腸が弱い方も、食べた量がストレスとなってホルモンが出やすくなりやすいようです。

「こめかみ・生え際の吹き出物」は吹き出物対策の洗顔料の落としきれなかった分が原因になっている場合が多いようです。毛穴を掃除したつもりが、逆に詰めてしまったパターンですね。成分がお肌とあっていない場合、これは激しく出てきます。シャンプーやリンスでも同じことが起こりえます。対策は単純明快、よく洗い流すにつきます。

「Tゾーンのニキビ」は、脂の摂り過ぎが原因となって繰り返すことがあります。人間の皮脂は、乾けば乾くほどに出てきます。角栓除去も、頻繁に繰り返すと皮脂が出る速度が速くなってしまいます。すると、もともと多めに分泌される部位は容量をオーバーしてしまうのです。対策としては、先ほどのこめかみ・生え際にも言えることですが「ほどほどに」が一番の対処方になります。

ニキビ・吹き出物は他にもたくさん原因はあるのですが、主に自分で対応しやすいものをピックアップして紹介しました。少しでも皆さんの綺麗なお肌のお役に立てれば嬉しく思います。

肌荒れとにきびの悩み

私は年中ひどい肌荒れに悩んでいます。

春と秋は花粉で荒れてしまい赤くかぶれてしまいます。

夏は汗でかぶれてしまったり日焼けで乾燥してしまったりします。

冬は乾燥して粉をふいたり小じわが目立ってしまいます。

肌がきれいな状態の時が全然ありません。

なので一年を通してスキンケアは徹底してやっています。

(それでも酷い時は皮膚科を受診します)

化粧も帰宅後にすぐに落とします。

洗顔をした後は化粧水、美容液、乳液クリームと必ずフルコースでつけています。

乾燥がきになるときはパックをします。

こうした肌荒れは体調に関係なく出るのですが、

体調が悪いときに必ずできるのがにきびです。

どういうときに出現するかというと、

寝不足が続いたときや風邪をひいて抗生物質を飲んだ時など、

免疫力が下がっているときに出る確率が多い気がします。

出る場所は顔がほとんどで、

おでこのときもあればほっぺのときもあれば口元の時もあり、

特に場所は決まっていません。

どちらかといえば乾燥肌なのになぜにきびができるのか不思議でしたが、きっと若い時のにきびと違うのだと思います。

若い時はにきびができてつぶしても跡が残らなかったのですが、30代以降にできたにきびはつぶすと跡が残ってしまいます。

それがわかっているのですがどうしても毎回つぶしてしまいます。

まずいつも小さな白い毛穴のつまりのようなものができ、

それが翌日には膨らんできて赤みを帯びてきます。

そうなると痛みを伴ってきます。

なのでいつもでき始めてから2日以内につぶしてしまいます。

つぶすときはいつも爪で押してつぶしてしまいます。

これは学生の時と変わらない方法です。

白かクリーム色の膿のようなものが出てきたら、

傷口(出血します)に化膿止めを塗っています。

この処置が正しいかわかりませんがいつもそうしていました。

つぶした後に再度膿んだり同じ場所ににきびができたことはありませんが、跡がなかなか消えてくれません。

最近はそれが一番の悩みです。